日本美術サウンドアーカイヴ──雅子+尚嘉《SEA FOR FLOOR》1972年 彦坂尚嘉による再演と展開

次回の日本美術サウンドアーカイヴは、雅子+尚嘉が1972年に上演した《SEA FOR FLOOR》の彦坂尚嘉様による再演を開催します(柴田雅子様の回は来年予定)。2019年11月16日(土)16:00-19:00、会場は3331 Arts Chiyoda。詳細はウェブサイトをご覧ください。入…

堀浩哉「リーディング・アフェア」 CDアルバム

日本美術サウンドアーカイヴとオメガポイントが共同制作したCD、堀浩哉「Reading-Affair」がリリースされました。70年代パフォーマンス作品のオリジナル録音集です。金子智太郎によるテキスト(日本語・英語)付き。通常版は限定150部、堀浩哉によるドローイ…

「日本美術サウンドアーカイヴ──新里陽一《THE CAESAREAN OPERATION》1973年」記録

7月21日に開催した「日本美術サウンドアーカイヴ──新里陽一《THE CAESAREAN OPERATION》1973年」の展示、テキスト、エディションの情報をサイトで公開しました。テキストはリーフレットの文章を全文掲載しています。エディションもオンラインショップで購入…

「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」Vol.1〜12 まとめ

アートワーク:内田涼 今週土曜のトークイベント「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を振り返る――即興音楽を語る言葉をめぐって」の前に、細田成嗣さんが2018年5月から開催してきた「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」についてまとめておき…

日本美術サウンドアーカイヴ──新里陽一《帝王切開》1973年

日本美術サウンドアーカイヴの展覧会を2019年7月21日に開催します。今回は新里陽一様が1973年に発表した《帝王切開》の資料他を展示します。会場は外神田の3331 Arts Chiyodaです。 今回は1日のみの開催となり、前半と後半に分かれています。13時からの前半…

ポスト・インプロヴィゼーションの地平を振り返る――即興音楽を語る言葉をめぐって(ゲスト:福島恵一)

アートワーク:内田涼 細田成嗣と金子智太郎によるレクチャー・イベントの第3回は、細田が開催してきたライブ&トーク・イベント「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」の録音を振り返るいわばメタ・トーク。ゲストは音楽評論家、福島恵一!細田は…

サウンド×フェミニズム×ジェンダー×アクティビズム ロンドン芸術大学と東京藝術大学の共同主催イベントの研究/作品発表の公募

イメージ:Franziska Barczyk 「女性たちははっきりと言う」 (C) Barczyk 2018 提供:アーティスト SGFA東京とは 2019年10月4日(金)、5日(土)に東京藝術大学大学美術館陳列館で、リサーチイベントSGFA(サウンド::ジェンダー::フェミニズム::アクティビ…

「過去の音が問うもの──「日本美術サウンドアーカイヴ」の問題意識」

京都のWebマガジンAMeeTに、日本美術サウンドアーカイヴについての記事を載せていただきました。企画のアプローチに関わる問題意識について書いています。 www.ameet.jp サイトには他にもアーカイヴ・再制作関連記事が多く、それぞれの考えかたの違いも比べ…

日本美術サウンドアーカイヴ関連記事/サイト更新

Artscapeに石谷治寛様、畠中実様との鼎談記事を掲載していただきました。「メディアから考えるアートの残し方」をテーマに、僕は日本美術サウンドアーカイヴについて話しています。 artscape.jp 日本美術サウンドアーカイヴのサイトをいろいろと更新しました…

日本美術サウンドアーカイヴサイト公開/展覧会のご案内

日本美術サウンドアーカイヴのウェブサイトを公開しました。これまでのプログラムや制作物の記録をまとめています。ぜひご覧ください。日本美術サウンドアーカイヴ 日本美術サウンドアーカイヴの次回の展覧会は、今井祝雄様の作品を取りあげます。会期は来年…

10月~11月のイベント参加

10月から11月にかけて、いくつかのイベントに参加します。講師、研究発表、トークゲスト、企画協力と役割はまちまち。ひとつめと3つめはサウンドアート関連、2つめと4つめは聴覚文化関連です。お時間ありましたら会場で会いましょう。 連続フォーラム「アー…

オーディオユニオン録音コンテスト入選作品集

サイトに「オーディオユニオン録音コンテスト入選作品集」のページをつくりました。収録された作品をyoutubeに公開していきます。https://tomotarokaneko.com/projects/aurc/ 1970年代、テープレコーダーによってさまざまな音を録音することを楽しむ趣味が「…

日本美術サウンドアーカイヴ 2018年1月7日〜4月14日 資料展

サイトに「日本美術サウンドアーカイヴ 2018年1月7日〜4月14日 資料展」の情報を公開しました。https://tomotarokaneko.com/projects/jasa/20180107_0414/ 日本美術サウンドアーカイヴ 2018年1月7日〜4月14日 資料展会期 2018年6月25日(月)〜6月29日(金)…

翻訳 D・カニングハム「集合体 中島吏英のサウンド・オブジェ」

中島吏英さんの作品集『おとになるーー30個のオブジェと10分の音』(トゥルーリング、2018年)が出版されました。収録されている論考、デイヴィッド・カニングハム「集合体ーー中島吏英のサウンド・オブジェ」を翻訳しました。『おとになるーー30個のオブジ…

『表象12』掲載論文

今月出版された『表象12』に論文「環境芸術以後の日本美術における音響技術ーー一九七〇年代前半の美共闘世代を中心に」を掲載していただきました。昨年夏に書いたものですが、日本美術サウンドアーカイヴとも重なる内容です。英文要旨の日本語訳はこちら。 …

日本美術サウンドアーカイヴ関連音源の販売

日本美術サウンドアーカイヴは現在、記録をまとめたサイトを作成中です。次回の企画はまだ未定ですが、現在でも関連音源は入手できます。 Great White Light「Great White Light」LP 大西清自、カワスミカズオ、塩谷光吉、浜田剛爾からなるグループ、Great W…

4月の日本美術サウンドアーカイヴ

次の日曜から南青山Art & Space ここからにて「日本美術サウンドアーカイヴ──和田守弘《認識に於ける方法序説 No.l SELF・MUSICAL》1973年」を開催します。 和田守弘《認識に於ける方法序説 No.l SELF・MUSICAL》 テープレコーダー 5台、スピーカー4台、Tシ…

3月の日本美術サウンドアーカイヴ 2

3月25日には三鷹SCOOLにて「日本美術サウンドアーカイヴ──渡辺哲也《CLIMAX No.1》1973年」を開催します。この作品は当時「ときわ画廊」にて6時間かけて上演されました。予約はこちら:http://scool.jp/event/20180325/ 提供:伊藤純子 撮影者不明《CLIMAX N…

3月の日本美術サウンドアーカイヴ 1

3月11日より「日本美術サウンドアーカイヴ──野村仁《音調、強度、時間を意識して、レコード(糸)を操作する》1973年」が南青山Art & Space ここからにてはじまります。今回展示する作品は、タイトルが作品のインストラクションになっている《音調、強度、時…

日本美術サウンドアーカイヴ 2, 3, 4月

明日から「日本美術サウンドアーカイヴ──高見澤文雄《柵を越えた羊の数》1974年」の開催です。会場ではリーフレットを配布、ディションを販売しています。初日夜はトークイベントを開催します。ぜひお越しください! 日本美術サウンドアーカイヴ──高見澤文雄…

日本美術サウンドアーカイヴリーフレット・次回の企画

Art & Space ここからで開催した「日本美術サウンドアーカイヴ──稲憲一郎《record》1973年」が無事終了しました。この展覧会では、稲憲一郎《record》(1973年)の再制作、稲憲一郎《immature plane 12-110》(2012年)、「精神生理学研究所」冊子をはじめと…

日本美術サウンドアーカイヴリーフレット

1月7日の「日本美術サウンドアーカイヴ――堀浩哉《Reading-Affair》1977年」へのご来場ありがとうございました。このイベントでは、堀浩哉《MEMORY-PRACTICE (Reading-Affair)》再演(出演:関真奈美、馬場省吾)と新作、堀浩哉+堀えりぜ《わたしは、だれ?―…

日本美術サウンドアーカイヴエディション・TPAM2018・活動報告

日本美術サウンドアーカイヴエディション1月と2月に開催する日本美術サウンドアーカイヴの展覧会(詳細 https://tomotarokaneko.com/projects/jasa/)では、Edition Cococaraと日本美術サウンドアーカイヴが共同制作したカセットテープのエディションを販売…

日本美術サウンドアーカイヴ告知

畠中実さん(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)と新しくプロジェクトをはじめます。音と関わる日本の美術作品を聞いていくプロジェクト「日本美術サウンドアーカイヴ」です。2018年のはじめからイベントや展示を開催し、しばらく…

「生録」研究の進捗

近年あちこちで話してきた、1970年代に流行した「生録」についての論文が今年の春に出版されました。本文をサイトに掲載しているので、ぜひご一読ください。サイトでは図版を省略していますが、PDFファイルには掲載しています。 一九七〇年代の日本における…

サイト開設、2017年度前半の活動報告

サイト開設のお知らせ業績をまとめたサイトをつくりました。https://tomotarokaneko.com/以前『アルテス』に連載した洋書レビューを全文掲載しています。このブログのプロフィールに掲載していた情報はこちらに移しました。今後ブログにはこのサイトの更新情…

「音の展開2017」・2016年度の活動報告

artscapeにレビュー「音の展開2017」が公開されました。主にこの冬の3つのコンサートについて書いています。 「音の展開2017」http://artscape.jp/focus/10132327_1635.html 下は以前artscapeに書いた関連記事です。こちらも合わせてぜひ。 「音の現在形」(…

音響文化研究会トークイベント第5回 4月23日(土)本屋B&B

昨年8月から続けてきた音響文化研究会トークイベントは次回が最終回です。第5回を下北沢の本屋B&Bで開催します。今回はジョナサン・スターン『聞こえくる過去』(インスクリプト)刊行記念イベントでもあります。 ジョナサン・スターン『聞こえくる過去』刊…

音響文化研究会トークイベント第2回 9月26日(土)東京藝術大学

音響文化研究会トークイベントの2回目を東京藝術大学で開催します。今回のテーマは「新しい「楽器」をつくるーー録音と電子楽器以降の楽器」です。音楽や楽器に関心のある方だけでなく、メディアと創作の関係に興味のある方なら誰でも楽しめる内容にしたいと…

音響文化研究会トークイベント第1回 8月28日(金)京都MEDIASHOP

谷口文和・中川克志・福田裕大『音響メディア史』(ナカニシヤ、2015)と、ジョナサン・スターン『聞こえくる過去』(インスクリプト、近刊予定)の出版にあわせて、連続トークイベントを開催します。イベントの詳細はこちらのサイトをご覧ください。 音響文…