10月~11月のイベント参加

10月から11月にかけて、いくつかのイベントに参加します。講師、研究発表、トークゲスト、企画協力と役割はまちまち。
ひとつめと3つめはサウンドアート関連、2つめと4つめは聴覚文化関連です。お時間ありましたら会場で会いましょう。

 

連続フォーラム「アートがつなぐサイエンステクノロジー倫理美学
「音の芸術を構成するもの―聴く・再生・演奏の関係性から」

10月25日(木) 國學院大學渋谷キャンパス
https://jfac.jp/culture/events/e-kokugakuin-forum/

講師 dj sniff、金子智太郎

 

国際日本文化研究センター 2018年大衆文化研究プロジェクト総合国際シンポジウム
メディアミックスする大衆文化

10月27〜28日 京都リサーチパークサイエンスホール
http://eacjs.rspace.nichibun.ac.jp/a_program.html

10月27日(土)
研究発表 金子智太郎「録音によるアマチュア創作文化「生録」における批評の意義」

 

展覧会「空白より感得する」

10月13日〜11月11日 瑞雲庵(京都市北区
http://mhrs.jp/blanks/about/work/index.html

10月28日(日)
トークイベント出演 三原聡一郎、斉田一樹、金子智太郎

 

市民科学講座「災害のときのラジオ コミュニティのための番組をいかにつくるか」

11月23日(金・祝)
https://www.shiminkagaku.org/csijseminar_cfm_20181123/

講師 佐々木健二、長﨑励朗、瀬野豪志
協力 金子智太郎